2018/05/18 ツツカジ砲の援護も石田健大、勝てない投手のピッチングで4敗目 De 3 - 6 巨


ツツカジ砲の援護も二年連続開幕投手のプライドは何処に。石田健大、坂本に3ラン被弾、菅野に勝ち越しソロを被弾。取られるタイミング悪し。。1点差の難しい場面で今季初登板の中継ぎ武藤も打たれ巨人に差を広げられる。

20180518.jpg

投手菅野にプロ初ホームランを喰らう


選手採点(投手)

石田健大 3 「5回4失点、味方が点を取った後に必ず取られるという勝てない投手のピッチングをしてしまった」

武藤祐太 4 「1回2失点、今季初登板は1点差のタフなマウンド。いきなりの二塁打、宮本の珍プレーもあり走者が増え、申告敬遠で満塁のピンチ、阿部に適時打を打たれる」

三嶋一輝 7 「2回無失点、4奪三振とストレート、スライダーが冴える」

選手採点(野手)

梶谷隆幸 7 「4打数1安打1打点、5回に同点ソロホームランをかっ飛ばす」

ソト 8 「4打数3安打、失策での出塁も含めると全打席出塁」

ロペス 5 「4打数1安打、1打席目にツーベースを放つ」

筒香嘉智 8 「2打数1安打2打点2四球、ライバル菅野の無失点記録をストップする2ランホームラン。2四球と出塁も」

宮﨑敏郎 3 「4打数無安打、序盤に二打席連続三振。最終打席ではフェンス際まで飛ばすもフライアウトに」

宮本秀明 3 「4打数無安打、3三振と菅野に歯が立たない。守備では痛烈なゴロを捕球も、グラブが外れ頭の上に飛んでいく珍プレーも」

嶺井博希 3 「3打数無安打、2三振を喫す」

大和 3 「4打数無安打」

-------------(以下途中出場野手)--------------

神里和毅 3 「代打セカンドゴロ」

乙坂智 3 「代打ショートゴロ」

桑原将志 3 「代打空振り三振」


スポンサーリンク


筒香先制2ラン、梶谷勝ち越しソロと菅野から一発攻勢の得点も巨人の継投の前にその後は無得点

はい、残念ですねぇ

筒香が菅野の無失点イニング記録更新を阻止する

先制の2ランホームランは盛り上がりました

常日頃からお互いを意識している両者

記録を止めたのが筒香だったところに野球のドラマを感じます

菅野投手も意識が強く、筒香に2四球を出してしまうなど

調子としてはまずまずの状態だったのでしょうかね

その後逆転されましたが、1番スタメンとなった梶谷が

ソロホームランを叩き込み同点まで。

澤村マシソンカミネロに対してはチームで1安打と沈黙し敗戦

筒香先制2ランから

なんとか勝ちの形へ行かなければ難しい試合でした。

石田健大5回4失点、坂本、菅野から被弾

うーん、タフ

コースや球種云々の前に

点の取られるタイミングが最悪でした

2点先制後、即3ランを被弾

同点ソロの後、即勝ち越しソロを被弾

「取ってもらった後にすぐに吐き出す」

これをやってしまうと勝利から離れていってしまいます

本人のコメントは「思った通りに投げられず、修正する事が出来なかった」

本人の調子も悪かったんですねぇ(;´・ω・)

石田降板後の1点差の試合で何故、今季初登板の武藤投手を起用したのか

「なぜ、武藤なのか」ではなく

「なぜ、(今季初登板の)武藤だったのか」

なんででしょう?(;´Д`)

うーん、イニングの頭から登板した武藤

巨人打線は確かに右打者が多く

左右で考えると右投手は当てはまる

点が動き始めるムードのある中盤

1点差の今までの采配であれば三上

今季存在感を見せる三嶋かな

昨日怪しかった井納もいるにはいるが。。。

今までの中継ぎつぎ込みを意識して

他投手を選びずらかったのか

はたまた、まずは武藤からの継投

やや不調気味のマギーから下位へ進む打線に

色気も持ちで無失点を目論んだのか

先頭に二塁打を打たれ、岡本アウトも宮本の珍プレーも絡み

(珍プレーは武藤投手にとって不運でした)

申告敬遠で満塁、小林はゴロアウトに打ち取り

ここで代打は左の阿部でも武藤に託した首脳陣

この後のリリーフの運用を考えると代え難いけども。

そして点差は開いたところで

三嶋が2イニングを食うというモヤモヤ感

ラミレス監督の采配には必ず理由がある

語録で語ってくれるといいんだけどスルーかもね(~_~;)個人的興味ですが。

かもね、か~もね、そぉ~かもね。

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ 横浜DeNAベイスターズブログランキング

スポンサーリンク

関連記事


楽天市場



コメント

嶺井への信頼感?そんなのあるの?

菅野に打たれたHRはちょっと・・・でしたね。ストレートを弾き返したのが長野だけだったにもかかわらず、ピッチャーにストレートで追い込んだ後にスライダーを投げてヒットしかもそれがHRとは。
嶺井の配球は素人目に見ても不可解な点が多いですが、それに首を振らない石田君も石田君ですかね。必ず振れとは言いませんが、にしてもベイスターズのピッチャーは首を振らなさすぎな気がします。ピッチャーは何も考えてないのかと傍から見てると感じてしまいますね。
後は嶺井のキャッチングでしょうね。
フレーミングというものを理解していないだろうというキャッチングしてからミットを動かす所謂ミットずらしもそうですが、今日もありましたがストライクゾーンに来てる球をボールにしてるようではダメというか最悪ですね。
今年は嶺井がマスクを被る機会が多い分、投手陣はストライクコールでマイナスを被っているのも、失点につながる要因な気がしますね。

No title

ラミレス擁護派だったけど、ここ最近不可解采配ばかりで、アンチに変わった。
一点差で武藤ってなんなん?
満塁で武藤続投ってなんなん?いつもなら三上かエスコじゃないのかよ。
エスコ気が狂ったかのように登板させやがって。
この大事な時に登板無しってなんなん?
せっかく菅野球数投げさせて代打でて阿部抑えれば形勢有利で何やってんの?
そもそも先発早く交代させすぎなんだよ。
前回菅野に全くタイミング合ってなかった宮本なぜスタメン?
代打神里何期待?せっかくの代走要員、代打で捨てるな。
そこは宮本の代わりの倉本か田中だろ。
石田は横須賀行ってこい。武藤と一緒に。

いつもの事

ラミレス監督は下から上がって来た選手を
すぐ使いたがりますよね。
上手くハマる時もありますが、昨日は完全に裏目に出ましたね。

折角菅野を攻略して代打で交代させて
これからって時に・・・。
なんともストレスの溜まる試合でした。

嶺井と高城・三嶋

初めて投稿させて頂きます。嶺井(戸柱も)は変化球をそしてボールを要求しすぎじゃあないでしょうか。変化球は要所要所で決まる直球あっての変化球であって変化球ばかりの投球はアマでプロではないと常づね思っています。若い投手が多くなっている現状では3ボールになるとヒットの確率が非常に多くなっています(昔の大洋がそうで、凄く厭な気分になります)。それに足元から下の捕球が下手で投手が思い切って投げられない状態になっているのでは?とも思っています。打にしてもそうで、フルスゥイングはいいんですがいざ打とうとする時に一旦肩を押し込んでからダウンスゥイングを始めます。それではある一定速度以上の球に対して振り遅れるのが当然です。そこで思い出すのが対阪神戦で見せた三嶋・高城のバッテリーです。見ていてしびれました。
三嶋もよくなったなあと思わせましたが、落ちるボールに対しての高城の対処は捕手の中で1番ではないでしょうかと思わせました。高城を濱口専用の捕手にするのではなく、落ちるボールを駆使する投手(山﨑等)には高城をつかってもらいたいというのが爺の切なる願いです。本日の濱口・高城のバッテリーを期待して見守っています。そして三嶋もね!

Re: 嶺井への信頼感?そんなのあるの?

嶺井の配球は良い意味でも悪い意味でもクセのある配球というのも相手チームもデータ万全なのかもしれませんね
<ピッチャーが首を振らない
これはあるかもしれません、今日の濱口は結構クビ振ってましたね。
キャッチングはやはり戸柱が上でしょうね、嶺井ももっとレベルを上げなければ・・・だと思います。
上手くないミットずらしは球審に不信を与えます。
これら全てをクリアにしていくと嶺井は更に良い捕手へと成長出来ると思います。
苦言を呈すのは成長して欲しいの裏返しですから。

Re: No title

結局、ファームで調子が良かったという理由付けでしたねラミレス語録。。。
接戦での出し惜しみだったと思います。
もし武藤が無失点投球だったとしても「怖い継投」だと思います。
いくらなんでも菅野クラスはさすがに宮本もキツイでしょう。
セカンドの打撃トップの倉本やベテランをまず持ってくるかと思いましたが。
石田はファームで再調整で良いと思います。
4回に1回好投するくらいではローテーションは務まりません。

Re: いつもの事

上がって来た選手を即起用するのは選手も粋に感じるので良いかと思いますが
あの場面で今季初登板は不味いですよね。
「折角」ってのを棒に振ってしまった感は否めない采配でした。
トータルでは評価は高いと思える監督も突如、タフな事やりますよね(;^ω^)おい

Re: 嶺井と高城・三嶋

初コメントありがとうございます。
ベイスターズ投手陣は若くまだまだ制球力も発展途上。
あからさまなボールでカウントを悪くすることや、ギリギリのところにミットを構える要求(戸柱が多い)も
まだそのレベルには至っていないかなと。変化球頼りになるのには直球に磨きが足りない証拠。
番長みたいな組み立てを出来る投手がいないんですよね
ズバッとアウトコースにストレート見逃しや、インコースにズバッ!が無さ過ぎます。
変化球でかわすのにも限度がありますよね。
最近の三嶋が良いのはやや荒れながらも直球が力強いからってのは間違いないと思います。

高城はボールを体で止めるのが上手くなってきてますね、逆に嶺井はミットを被せていく悪癖が目立ちます。
戸柱嶺井高城、まだまだ正捕手は決まってません。
高城を幅広く投手と組ませることはプラスになることはあってもマイナスになることは無いと思います。
チャンスを与えて欲しいですね。

No title

"「折角」ってのを棒に振ってしまった感は否めない采配でした。
トータルでは評価は高いと思える監督も突如、タフな事やりますよね(;^ω^)おい" 2018年はワールドカップ開催の年!
https://xn--pckta4ad4gtb9o.net/%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%91%EF%BC%98%E5%B9%B4%E3%81%AF%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97%E9%96%8B%E5%82%AC%E3%81%AE%E5%B9%B4%EF%BC%81/

コメントの投稿

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

メールフォーム(試合内容のコメントは↑「コメントの投稿」↑へ入力をお願い致します

名前:
メール:
件名:
本文:

お知らせ

\横浜優勝新聞/Hamakko dello sportは、管理人が趣味で管理しているベイスターズ個人ブログです。 株式会社横浜DeNAベイスターズ及び、横浜DeNAベイスターズ公式サイトとは一切関係ございません。 当ブログに掲載されている画像。映像等は各権利者に帰属しています。 掲載物に問題がある場合は、メールフォーム↑よりご連絡ください。削除、訂正させて頂きます。

野球ファンのご訪問者さま
since 2015/06/24

プロフィール

いつもご訪問ありがとうございます。 一日一回ベイスターズバナーをクリックして頂けますとブログ更新の励みになります。

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ←優勝へのポチッ(*^◯^*)

横浜優勝新聞管理人

Author:横浜優勝新聞管理人
横浜生まれ横浜育ち横浜DeNAベイスターズファン。1998年優勝も体感しました。FCスペシャル会員を利用しふらっとハマスタへ観戦行ってます。ハマスタ好き過ぎて球場バイトも経験しました。一喜一憂喜怒哀楽のただの野球ファン。

・10点満点
・最高点は赤(敗戦時は表記無し)

点数は個人個人で違うと感じることもありますが、「この選手はこの点数じゃないだろ~」や「俺はこう考えたよ~」的な軽い感じで見て頂けると嬉しいです。
心をひとつに I ☆ YOKOHAMA

メールフォームはページ一番下に設置。

宿を制する者はハマスタを制す!遠征に便利なお薦めホテル

ハマスタに近くて便利なんだ!(*^◯^*)
【日本最大級の旅行サイト】楽天トラベル

カテゴリー