2018/09/08 二度の3点差を逃げ切れず痛い敗戦、先発今永5回持たずリリーフも苦しむ ヤ 7 - 6 De


ホームラン攻勢で6得点、二度のリードを奪うものの、先発今永が踏ん張れず、リリーフ陣も苦しい逆転負け。

20180908.jpg

課題の被弾が今日も・・・


選手採点(投手)

今永昇太 3 「4回1/3を3失点、初回に3点の援護をもらったが1点ずつ追い上げられる苦しい内容、5回投げ切れずリリーフ陣の負担も増加となった」

藤岡好明 7 「2/3回無失点、二人の走者を背負っての救援、山田・バレンティンを封じ無失点に」

エスコバー 4 「1/3回2失点、6回に回の頭から登板も一死から四球と安打で交代となってしまう」

三上朋也 4 「1/3回無失点、記録上は無失点もエスコバーの救援は四球も絡んだ2失点」

砂田毅樹 7 「1/3回を無失点、三上が失点後の救援で左打者を封じる」

三嶋一輝 4 「2回1失点、1イニング目は併殺で凌ぐも回跨ぎで失点」

パットン 3 「1回1失点、同点での登板、雄平に高めを叩かれ勝ち越しソロに」

選手採点(野手)

桑原将志 5 「4打数1安打1四球」

宮﨑敏郎 6 「5打数2安打、初回に繋ぎの打撃」

ロペス 7 「5打数1安打3打点、初回に先制3ラン」

筒香嘉智 6 「3打数1安打1四球1死球、最終回に二塁打で出塁」

ソト 8 「3打数1安打3打点2四球、同点に追いつかれてからの3ランで一気に突き放したバックスクリーン弾」

柴田竜拓 4 「4打数無安打1四球、打では鋭い当たりもライナーに、守備では上手さを見せた」

伊藤光 5 「3打数1安打1四球」

石川雄洋 3 「4打数無安打」

-------------(以下途中出場野手)--------------

佐野恵太 4 「代打でファーストゴロ、進塁打にはなったが」

楠本泰史 3 「代打、ファーストファールフライ」



スポンサーリンク



ロペスの先制3ランホームラン、ソトの同点にされた後に突き放す勝ち越し3ランホームランと二度の勝ち越しも、投手陣失点多く勝ち切れず。

はい

接戦となりましたが1点差での敗戦となりました

2連勝で臨んだ試合でしたが

二度の3点勝ち越しからの逆転負けはかなり痛かったですね

私は丁度今永が降板し、藤岡が登板から見始めたのですが

打線としてはホームラン攻勢のみでしたが序盤中盤を制してくれたかなと

終盤に後一本という柴田の惜しいライナーもありましたね

ただ、主導権的にもこの試合は勝ち切らなければなりませんでした

投手陣は、監督に「行けるところまでいって欲しい」と背中を押された今永ですが

初回三者連続奪三振とはいえ、期待に応えられなかったですね

内容云々はあるのですが、5回投げ切れないのはキツい

ただでさえリリーフ陣が疲弊しており

「1イニングでも長く」が合言葉になっても良いくらいの状況

藤岡は好リリーフもエスコバー・三上・三嶋・砂田と登板数四天王が苦しみと踏ん張りと。。。

三嶋の回跨ぎもタフでしたね

やはり先発が後1イニングは・・・

そしてパットンが被弾し勝ち越され試合終了

3点差が二度追いつかれ

最後の最後にソロホームランで決まってしまった試合

悔しさと虚しさが混じったような敗戦となりました

それでも明日は勝ってカード勝ち越しをなんとか達成して欲しいです

もう負けている余裕は無いのですから。



にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ 横浜DeNAベイスターズブログランキング

スポンサーリンク

関連記事


楽天市場



コメント

野球の差

なんとも言えない試合でしたね。
観てて思ったのは、両チームの野球の差
でしょう。

ヤクルトはスモールベースボールに徹して
少ないチャンスで1点ずつ確実に取る野球
と、我がベイは相変わらず誰かホームラン
を打ってお願いという神頼み打線。
どっちがイイのか早く学習してくれないかな?。
ストップウォッチを持って計ってる場合
ではないですよ監督。
そんなのはコーチ・スコアラーの仕事です。

残念・・・

 残念としか言いようがない試合でしたね。解説者の一言でああそうなのかと分かった事があります。
 結局、今永・濱口・ウィーランドは負傷の為に彼等は自身のトレーニングが中途半端になり完全な身体が出来ないまま遅れて1軍に合流した訳です。その結果、投球フォームは去年のままでも身体がそれについて行けないで投球する羽目になったのでは?と思われます。簡単にホームランや去年打ち取っていたと思われるボールできれいなヒットを飛ばされる事や回を追うごとに球速が落ちていくのもその証拠とも思われます。
 そして、彼等の付けを払わされたのがリリーフピッチャーでしょう。三上・三嶋・砂田等監督の癖でもある早い継投策も相まって登板過多を余儀なくされました。彼等に責を負わせるのは酷と言えるべきかも知れません。
 ついでに、勝ち試合の次の試合はメンバーを変えるべきではないと思っています。そうすれば勝てば次の試合に出れると思えるのですからメンバーも熱が入ります。特に連勝しなければならない時は尚更でしょう。1試合毎に変えてはその都度リセットされてしまって手探りで動くしかないでしょう。それを評価する向きもありますが、爺にはその意味が分かりません。古い奴なんでしょうかね?
 最終戦までこの状態が続くと思われますが(変な所で監督は頑固なんですよね。)、来シーズンに向けてリリーフ陣の肩が壊れなきゃあいいんですがね。

Re: 野球の差

ホームラン頼み、タイムリーが出ればいいな、ではなんの戦略もありません。
如何に一つ先の塁を奪えるかというものがまったく見えないんですよね。
いまさらストップウォッチ見ても・・・

Re: 残念・・・


やはり故障からの復帰に十分な時間が使えずの繰り返しでしょうか。トレーニングも中途半端になれば当然球質だって中途半端になるでしょうね。僅かな差が大きな亀裂となるプロの世界は厳しいものですね。

私も勝った次の日はスタメンを弄って欲しくない派です。
左右のデータでスタメンを代えてしまうのは選手の勢いも削ぎかねません。
長年の優勝チームを見ても、猫の目打線は少ない筈です。強いチームはやはり不動ですよ。
それだけの戦力が無いかもしれませんが、スタメンから2打席凡退でハイ交代には疑問を持ってます。

リリーフ陣には、上手く休養を取ってくれとしか言えませんねぇ(;´・ω・)

コメントの投稿

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム(試合内容のコメントは↑「コメントの投稿」↑へ入力をお願い致します

名前:
メール:
件名:
本文:

お知らせ

\横浜優勝新聞/Hamakko dello sportは、管理人が趣味で管理しているベイスターズ個人ブログです。 株式会社横浜DeNAベイスターズ及び、横浜DeNAベイスターズ公式サイトとは一切関係ございません。 当ブログに掲載されている画像。映像等は各権利者に帰属しています。 掲載物に問題がある場合は、メールフォーム↑よりご連絡ください。削除、訂正させて頂きます。

野球ファンのご訪問者さま
since 2015/06/24

プロフィール

いつもご訪問ありがとうございます。 一日一回ベイスターズバナーをクリックして頂けますとブログ更新の励みになります。

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ←優勝へのポチッ(*^◯^*)

横浜優勝新聞管理人

Author:横浜優勝新聞管理人
横浜生まれ横浜育ち横浜DeNAベイスターズファン。1998年優勝も体感しました。FCスペシャル会員を利用しふらっとハマスタへ観戦行ってます。ハマスタ好き過ぎて球場バイトも経験しました。一喜一憂喜怒哀楽のただの野球ファン。

・10点満点
・最高点は赤(敗戦時は表記無し)

点数は個人個人で違うと感じることもありますが、「この選手はこの点数じゃないだろ~」や「俺はこう考えたよ~」的な軽い感じで見て頂けると嬉しいです。
心をひとつに I ☆ YOKOHAMA

メールフォームはページ一番下に設置。

宿を制する者はハマスタを制す!遠征に便利なお薦めホテル

ハマスタに近くて便利なんだ!(*^◯^*)
【日本最大級の旅行サイト】楽天トラベル

カテゴリー