2019/07/08 先発飯塚、早々の降板。打線は燕の継投に逃げ切られる De 3 - 5 ヤ


ツバメのリレーに逃げ切られる。先発飯塚は監督の期待に応えられず2回を持っての降板。リリーフの櫻井、齋藤の若手投手が粘りを見せた。

20190708.jpg


選手採点(投手)

飯塚悟史 2 「2回4失点、2回に4連打を畳み込まれ逆転を許し降板」

櫻井周斗 6 「2回無失点、安打を許したが粘りのピッチング」

石田健大 4 「2回1失点、少し制球に苦しみ四球絡みの失点」

齋藤俊介 7 「2回無失点、3奪三振と力投」

選手採点(野手)

桑原将志 3 「4打数無安打、相手のエラーによる出塁のみ」

ソト 5 「4打数1安打」

ロペス 5 「4打数1安打、中盤に痛い併殺打」

筒香嘉智 6 「3打数1安打1四球」

宮﨑敏郎 8 「4打数2安打2打点、初回に先制適時打、中盤にはソロホームラン」

細川成也 7 「3打数1安打1打点、初回に犠牲フライ」

伊藤光 5 「4打数1安打、初回のチャンスは凡退」

大和 3 「3打数無安打、第四打席に代打を送られ途中交代」

-------------(以下途中出場野手)-------------

乙坂智 6 「代打センター前ヒット、2打数1安打」

柴田竜拓 3 「代打、ファーストゴロ」


スポンサーリンク



はい

下位のスワローズに逃げ切られたゲーム

こういう試合を勝っていかないと

上位進出はなかなか難しいですね

本日の先発は飯塚投手

うーん、監督の期待を裏切ってしまいました

初回に味方が2点の援護も

2回裏に4連打、しかも最後がホームラン被弾で4失点

如何せん、高さが甘く、ゾーンも甘い

下位に居るとはいえ、スワローズのスイングは怖いです

僅か2イニングで降板させられた悔しさを晴らして欲しいですね

残りのイニングを2イニングずつ3投手による継投

特に目立ったのは櫻井と齋藤の両若手投手

2イニングを無失点にまとめたのは良い経験です

継続していってくださいね。

さて、打線は初回に2得点

4連打となりましたが、勢いに乗って光の一打も見たかったです

結局は初回以外、ヤクルトの小刻みな継投に翻弄されましたし

取れるところで取っておかないとという試合になりました

1番で抜擢されたクワも悉く凡退したのは悪い意味で目立ってしまいましたね

神里との外野手争いもちょっと厳しい状況です

レギュラーを取るってのは大変な事ですねぇ。。。

明日は上茶谷大河が登板予定

絶対に勝たないとね。

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
横浜DeNAベイスターズブログランキングに参加中です<(_ _)>クリック応援でブログランキングへ

スポンサーリンク

関連記事


コメント

コメントの投稿

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム(試合内容のコメントは↑「コメントの投稿」↑へ入力をお願い致します

名前:
メール:
件名:
本文:

お知らせ

\横浜優勝新聞/Hamakko dello sportは、管理人が趣味で管理しているベイスターズ個人ブログです。 株式会社横浜DeNAベイスターズ及び、横浜DeNAベイスターズ公式サイトとは一切関係ございません。 当ブログに掲載されている画像。映像等は各権利者に帰属しています。 掲載物に問題がある場合は、メールフォーム↑よりご連絡ください。削除、訂正させて頂きます。

野球ファンのご訪問者さま
since 2015/06/24

スポンサーリンク

カテゴリー

宿を制する者はハマスタを制す!遠征に便利なお薦めホテル

ハマスタに近くて便利なんだ!(*^◯^*)
【日本最大級の旅行サイト】楽天トラベル

プロフィール

いつもご訪問ありがとうございます。 一日一回ベイスターズバナーをクリックして頂けますとブログ更新の励みになります。

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ←優勝へのポチッ(*^◯^*)

横浜優勝新聞管理人

Author:横浜優勝新聞管理人
横浜生まれ横浜育ち横浜DeNAベイスターズファン。1998年優勝も体感しました。FCスペシャル会員を利用しふらっとハマスタへ観戦行ってます。ハマスタ好き過ぎて球場バイトも経験しました。一喜一憂喜怒哀楽のただの野球ファン。

・10点満点
・最高点は赤(敗戦時は表記無し)

点数は個人個人で違うと感じることもありますが、「この選手はこの点数じゃないだろ~」や「俺はこう考えたよ~」的な軽い感じで見て頂けると嬉しいです。
心をひとつに I ☆ YOKOHAMA

メールフォームはページ一番下に設置。