【2016横浜優勝新聞的】ベイスターズ中継ぎ投手(リリーフ)チーム貢献度ランキング


【2016シーズン横浜優勝新聞的】
ベイスターズ中継ぎ投手(リリーフ)のチーム貢献度ランキング


Aクラス入り大きな要因となった中継ぎ投手陣、雨の日も風の日も投げ続けた。
試合には出なくてもブルペンで肩を作ることも日常茶飯事。
そんな中継ぎ陣のランキングです。

1位(2名)

田中健二朗 61試合 防御率 2.45 投球回数44イニング
5勝3敗ホールド23 HP28


tanaken.jpg

眉間にシワを寄せ、相手を睨みつけるオラつき加減にファンも痺れた。


ベイスターズリードの試合、僅差で負けている試合、同点の試合、延長の回跨ぎ、ワンポイント、対左打者のみと様々なシチュエーションで登板をした田中。山崎・三上と勝利の方程式投手が7本の本塁打を許したのと比較して田中は僅か2本の被弾にとどまった。須田と並び、心中できる投手になった田中、昨年はオールスター前までは活躍も後半戦で失速した悔しさをバネに今季は一年間一軍で投げ抜き、クライマックスシリーズでは起死回生の牽制球も決めるなどチームを勝利に導く一人となる。直球で打者をえぐり、スライダーで整え、カーブで打者を出し抜くコンビネーションが冴え渡り、痺れる場面で成長していったメンタルも評価。

須田幸太 62試合 防御率 2.68 投球回数53 2/3イニング
5勝3敗 ホールド23 HP28


0702 (1)

「須田なら納得出来る」と言われる程ピンチでの須田は強い。
糸を引くようなストレートは、まさに芸術の域



田中と共にチームの大ピンチに登場した中継ぎスクランブルエース須田。成績も田中と瓜二つで被本塁打2も四死球19も全く同じ成績。須田も1イニング登板やワンポイントなど重要な場面での登板が多かった。特に満塁での快投が目立ちチームを危機を救う投手として人気の選手。アウトコースストレートのキレとコントロールは芸術で、140キロ前半のストレートで空振り三振にし止めるボールの回転は他投手が見習わなくてはならない。終盤にマウンド上で肉離れとなり退場もクライマックスシリーズに間に合わせ参戦、二死満塁の大ピンチも伝家の宝刀ストレートでCSファイナルステージの歴史ある一勝に貢献した。ストレートのキレで勝負できる希少な投手である。

2位

三上朋也 59試合 防御率 2.61 投球回数58 2/3イニング
2勝4敗 ホールド34 HP34 セーブ2


0525 (1)

取り合えず三上に託せばなんとかしてくれる。そんな頼れる男です。


ご存じハマのセットアッパー三上。須田や田中から渡されたバトンを山崎に繋ぐ重要な役割を一年間全うした。
新人時代から活躍する三上も今年やや打たれた感もあるが、それでも成績は優秀だ。打たれた印象が大きい理由に出会い頭の一発など事故のようなホームランを喰らったかもしれない。
しかし、ほぼ点差を守って山崎に繋げた三上の評価は非常に高い。派手さは無いが淡々とアウトを重ねる職人のような投球、癖のある変化球と時折混ぜる力強いストレートが魅力。精神面でも波は無く、守護神山崎が苦心している時には三上が守護神としてマウンドに立つこともあったが、公式コメントで「山崎が守護神、誰にでも打たれる時はある、チームでフォローしたい」と中継ぎの頼れる兄貴分としてベイスターズを支える選手だ。

3位

山崎康晃 59試合 防御率 3.59 投球回数57 2/3イニング
2勝5敗ホールド7 HP9 セーブ33


0919 (3)

ハマの守護神は二年目のジンクスに涙を流しながらも乗り越えた。


新人から2年連続30セーブは新記録だったと思います。昨年はストレートとツーシームでバッタバッタと相手を切り捨てましたが、今季は相手の研究+ツーシームの変化量が弱かった。そして本人もツーシームに頼ってしまった事が4試合連続のセーブ失敗という落とし穴にハマってしまった。特にツーシームが落ち切らず一発を喰らった。それでも山崎がいなければベイAクラスは無かったしファイナルシリーズも無かったと思う。自身のストレートを信じて投げ込み、ここぞでツーシームを投げるスタイルを取り戻した。スライダーを投げるなど来季に向けて課題もクリアしてくれそうだ。ハマの守護神兼宣伝部長でもあり、アイドルでもある山崎の心労はとてつもなかっただろうと思う。他球団のクローザーも失敗が目立った今シーズン、やはりクローザーは並みの精神力では務まらないタフな職場なのだろう。

4位
砂田毅樹 17試合 防御率 3.78 投球回数52 1/3イニング
2勝2敗 HP1


0923 (5)

クロスステップ投法での攻めの姿勢は、相手に脅威を与え、チームに勇気を与えた。


今季は先発から中継ぎまでを担当し、終盤は頼れる左の中継ぎとしてチームに貢献した。クロスステップから放たれる球は左打者を仰け反らせる程の角度。ストレート、スライダー共に合格点の威力だった。先発時にはわからなかったが大ピンチにも滅法強く、四球を恐れる仕草も見せない、本人も何か掴んだのではないかと思う。このまま左の中継ぎとしての起用は首脳陣には無いと思う。貴重な左の先発として活躍して欲しい


スポンサーリンク


上位5名は上の通り。
しかし中継ぎでチームを支えた投手には敗戦濃厚の試合でも投げ続けた選手たちもいる。

20試合登板の小杉陽太や32試合登板のザガースキーが特に投げていたイメージ。
打たれる時抑える時はバラバラだか、誰も投げたくないような点差が開いた場面でも投げなきゃ試合は終わりません。
槍が振ろうと腕を振った投手にも拍手を。

終盤には加賀繁が一軍復帰し26試合に登板。
加賀と言えば外国人選手へのワンポイントがメインの仕事になっているが今季はそれ以上にイニングを投げた印象。ブルペンで肩を作り、打者一人を相手しベンチへ下がるというモチベーションの維持も大変だったかと。大原も16登板に久保裕9登板。

シーズン開始には9試合登板の藤岡好明が好投も故障でファームへ落ちたのが結構痛かった。
野川や福地に長田が6登板、平田は4登板で終了、国吉と小林に至っては1試合のみに終わり、緊急助っ人ブロードウェイには目も当てられなかった・・・。来季を見据えドラフト会議では、中継ぎとして即戦力になりそうな選手も獲得したベイスターズ、既に戦力外通告となってしまった選手もいるが他選手もウカウカしていられない立場であることを認識して欲しい。

クリックして勝利に導け ☆彡 (-人- )  星に願いを・・・ I ☆YOKOHAMA
いつも読んで頂きありがとうございます!
↓クリック↓はベイスターズブログランキングに反映されるのでとても励みになります(*^◯^*)

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ 横浜DeNAベイスターズブログランキング

スポンサーリンク

関連記事


楽天市場



コメント

コメントの投稿

ベイスターズ関連書籍

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム(試合内容のコメントは↑「コメントの投稿」↑へ入力をお願い致します

名前:
メール:
件名:
本文:

野球ファンのご訪問者さま
since 2015/06/24

今月のおすすめ書籍

歓喜の横浜優勝、そして全べイが泣いた日本一あれから20年...横浜ベイスターズ伝説の回顧録。ハマの小魔神・山崎康晃選手のインタビューも掲載(好評発売中)
週刊ベースボールでベイスターズ特集だ!

プロフィール

いつもご訪問ありがとうございます。 一日一回ベイスターズバナーをクリックして頂けますとブログ更新の励みになります。

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ←優勝へのポチッ(*^◯^*)

横浜優勝新聞管理人

Author:横浜優勝新聞管理人
横浜生まれ横浜育ち横浜DeNAベイスターズファン。1998年優勝も体感しました。FCスペシャル会員を利用しふらっとハマスタへ観戦行ってます。ハマスタ好き過ぎて球場バイトも経験しました。一喜一憂喜怒哀楽のただの野球ファン。

・10点満点
・最高点は赤(敗戦時は表記無し)

点数は個人個人で違うと感じることもありますが、「この選手はこの点数じゃないだろ~」や「俺はこう考えたよ~」的な軽い感じで見て頂けると嬉しいです。
心をひとつに I ☆ YOKOHAMA

メールフォームはページ一番下に設置。

信じろ!ベイスターズ天気予報

野球観戦に役立つんだ!(*^◯^*)

宿を制する者はハマスタを制す!遠征に便利なお薦めホテル

ハマスタに近くて便利なんだ!(*^◯^*)

カテゴリー

横浜優勝新聞公式Twitter

フォロワー全員ベイファンなんだ(*^◯^*)

ブログ人気記事ランキング

昔の記事も見逃さないんだ!(*^◯^*)