【2016横浜優勝新聞的】ベイスターズ先発投手チーム貢献度ランキング


【2016横浜優勝新聞的】
ベイスターズ先発投手チーム貢献度ランキング


ベイスターズ躍進の立役者は先発投手陣
ラミレス監督の元、試合中盤までしっかり投げ切る責任感を植え付けた。
2年目の石田、ルーキーの今永とフレッシュな左腕が誕生した。

1位

石田健大 25試合 防御率 3.12 投球回数153イニング 9勝4敗

7022 (2)

制球力で球の出し入れが出来る先発左腕一番手が石田だ。


ラミレス監督が大事に起用し、完投は無く試合中盤での交代が目立ったが153イニングを投げる。投球はチーム1の安定感があり勝ち負けの貯金数が5つ。交代後にチームが失点し勝ち数が消えた試合も多々あり、12、13勝でもおかしくはない。インコースをきっちりと攻め切れる制球力とピンチにも動じない精神力、直球は伸びてくる投手で球速も140キロ後半をマークすることもありスライダーも正確だ。一年間ローテーションを守る心強い二年目投手であり、ベイスターズ左腕投手陣を引っ張るべき選手であり来季二けた勝利はノルマ。

2位

山口俊 19試合 防御率 2.86 投球回数138 2/3イニング 11勝5敗
完投5 内完封3


0803 (3)

やっと高い能力を発揮し二けた勝利を達成した。重要な場面で一軍にいないのは痛い。


ラミレス監督の温かい扱いの下に才能を発揮した山口。5完投3完封はリーグでもトップクラスで中継ぎ陣を休ませる大きな仕事だ。選手会長にもなり精神面でも成長はやや見られたか所謂「どすこい」の場面は今までよりかは減少もまだ弱い感じがする。それでも恵まれた体躯からの剛速球と繊細な変化球の威力は高く、チームに6の貯金をもたらした。開幕投手の指名では怪我、念願のオールスターも辞退、クライマックスシリーズも体調(肩)が悪く回避と大事な時にいないのが玉にキズである。
現在FA宣言に悩んでいる山口、ベイスターズに必要なワンピースだ。

3位(2名)

井納翔一 23試合 防御率 3.50 投球回数151 2/3イニング 7勝11敗
完投2 完封1


0527 (3)

開幕戦、クライマックスシリーズとここぞで本領発揮した井納


代役での開幕投手となったが節目での勝負強さはクライマックスシリーズでも見せてくれた。圧倒的な決め球で勝負というよりも全ての球種のレベルが平均以上のレベルで安定している。しかし、今季は波もあり負けが混んでしまったのが残念。三浦大輔氏からも投手陣のリーダーへ押されてからの精神面の成長も見える。(今季はKOで泣いて応援せずにベンチ裏へ帰る事もなかったか)。マウンドで文字を書き、精神統一してからの投球は全ての球が力強く、日頃は抜けている感の宇宙人もガッツポーズを見せるなど闘う姿勢を強く感じた。個人的に井納がエースだと思い込んでいる。

今永昇太 22試合 防御率 2.93 投球回数135 1/3イニング 8勝9敗

0514 (1)

鋭い眼光の肝っ玉ルーキー、チームトップの136奪三振!
意識の高さはチームの雰囲気を変えた。


ドラフト1位ルーキーとしてチーム躍進の立役者の一人。シーズン序盤は好投も援護なく一勝の重みを知る。一つ勝ちが付くと一気に連勝するなどベイファンの心を鷲掴み。今永の試合後のコメントは、自分を戒めるもので意識が高く「今永語録」と言われファンの心に響く。ストレートのキレで空振りが取れインもアウトも攻められる長らくベイスターズには居なかった先発タイプの投手。他の変化球は平均的だが更なる成長が期待される。タフな場面にも強く、頭は冷静、ハートは熱くガッツポーズはド派手。石田と共に左腕王国を築ける投手だ。シーズン途中で疲労からキレが落ち滅多打ちも喰らったり、ストレート勝負故に一発を喰らったのが課題だが、今永ならば克服してくれる筈だと思える信頼感が彼にはある。ノムさん曰く「気合の塊」、「俺がリードしてみたい投手」。


スポンサーリンク


久保康友(90イニング)とモスコーソ(80イニング)が5勝

共に完投は1回ずつを記録した。久保は序盤から中盤、モスコーソは6.7月勝てず8月は登板なし。
二人で10勝ちを上乗せしたが、共に物足りない数字だ。久保の制球力は安定しており、不意の一発を注意し体調万全であればまだまだいける筈。来季のキーマンになりそうだ。

モスコーソはストレート系を叩かれたイメージがあった今季。終盤にはクライマックスシリーズでの大役にも試合を作る等、来季に必要なメンバーだろう。チームメイトとの信頼関係もあり二けた乗せてもらいたい。

砂田毅樹は先発として育てる予定だよね?

ロングリリーフ不足や中継ぎ左腕不足からも砂田が先発から中継ぎへ回り、ピンチでの強さも見せてくれた。
砂田は貴重な先発が出来る左腕、ドラ1濱口の能力も気になるところだが、最終的には先発として砂田は育てて欲しい。

ぺトリックは飛躍するのか

決め球が無いのが辛いところだが、四球で苦しまずに打たせて取るピッチングで3勝をマーク。
年齢も若いし伸びしろはある筈。もうひとつ球種があると面白い。

三嶋一輝も存在感は見せた

4試合の登板に終わり1勝止まりも、モスコーソと共にCS広島戦で奮闘。
三嶋一輝は終わっていないぞというピッチングを見せてくれた。三嶋には考えすぎず伸び伸びと投げて欲しい。来季は先発ローテに名乗りをあげるアピールを。

他の先発候補ではドラ2ルーキーの熊原がプロ初勝利をマークした。今年のドラフトでも濱口や水野と先発投手を獲得し更なる厚みを持たせなければならない。当然高校卒投手の一番手飯塚にも注目しているし、ドラフトで有望な高校生投手を獲得出来たのも大きい。

そして柿田は置いといて、高崎健太郎は何をしているのだろうか?
来季はロングリリーフでもどこでもいいから一軍に這い上がれ!

最後に投手陣の精神的柱である三浦大輔投手が引退。
投手陣の中にも引っ張っていく人が必要だ。
私は、井納翔一を推薦します。

クリックして勝利に導け ☆彡 (-人- )  星に願いを・・・ I ☆YOKOHAMA
いつも読んで頂きありがとうございます!
↓クリック↓はベイスターズブログランキングに反映されるのでとても励みになります(*^◯^*)

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ 横浜DeNAベイスターズブログランキング

スポンサーリンク

関連記事


楽天市場



コメント

コメントの投稿

ベイスターズ関連書籍

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム(試合内容のコメントは↑「コメントの投稿」↑へ入力をお願い致します

名前:
メール:
件名:
本文:

野球ファンのご訪問者さま
since 2015/06/24

今月のおすすめ書籍

歓喜の横浜優勝、そして全べイが泣いた日本一あれから20年...横浜ベイスターズ伝説の回顧録。ハマの小魔神・山崎康晃選手のインタビューも掲載(好評発売中)
主人公、矢野七菜子(24歳OL)仕事終わりは、いつも球場という野球観戦女子漫画。その舞台は完全にベイスターズ!

プロフィール

いつもご訪問ありがとうございます。 一日一回ベイスターズバナーをクリックして頂けますとブログ更新の励みになります。

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ←優勝へのポチッ(*^◯^*)

横浜優勝新聞管理人

Author:横浜優勝新聞管理人
横浜生まれ横浜育ち横浜DeNAベイスターズファン。1998年優勝も体感しました。FCスペシャル会員を利用しふらっとハマスタへ観戦行ってます。ハマスタ好き過ぎて球場バイトも経験しました。一喜一憂喜怒哀楽のただの野球ファン。

・10点満点
・最高点は赤(敗戦時は表記無し)

点数は個人個人で違うと感じることもありますが、「この選手はこの点数じゃないだろ~」や「俺はこう考えたよ~」的な軽い感じで見て頂けると嬉しいです。
心をひとつに I ☆ YOKOHAMA

メールフォームはページ一番下に設置。

信じろ!ベイスターズ天気予報

野球観戦に役立つんだ!(*^◯^*)

宿を制する者はハマスタを制す!遠征に便利なお薦めホテル

ハマスタに近くて便利なんだ!(*^◯^*)

カテゴリー

横浜優勝新聞公式Twitter

フォロワー全員ベイファンなんだ(*^◯^*)

ブログ人気記事ランキング

昔の記事も見逃さないんだ!(*^◯^*)